“隠れブルーベース“ 黄肌で地黒な私の、メイク工夫術

黄肌、地黒、ふわふわ?ずっとイエベだと思っていたのに、実はブルベだった!「王道ブルベじゃないブルベさん」ためのお役立ち情報やおすすめのメイクアイテムなどご紹介します。

ブルベなのに得意な青や水色が、苦手な人もいる?

「ブルベ色かと思ったら、実はイエベ色だった...」

 

お店ではブルベと思って買ったのに、つけてみたらブルベじゃなかった...なんてことは、黄色や赤、茶色だとよくあること。

 

それに比べて、青はブルーベースの得意カラーであり、間違えにくく選びやすいですよね。

 

でも「ブルベなのに青がイマイチ似合ってない気がする...」「なんだか顔色が悪い」と、言う人はいませんか?

 


f:id:colorbluebase:20180602210234j:image

 

実は、わたしもそのタイプ。

 

だから、青が似合わないなんて、私はやっぱりイエベかも。と思うのはちょっと待って!
(もちろんその可能性も否定しませんが)

 

ブルベだから、愚直に青を選べばいい、絶対ばっちり似合う、という訳ではないんです。

 

ブルベの青より、ブルベの赤が得意な人

 

そもそもブルベは、青が得意というか、「青みのある色が得意」な肌の人。

 

もちろん、そこには青も含まれるけど、
ブルベの赤より、ひたすら純粋な青の方がいつでも優勢というわけでは、ないと思ってます。

 

なので、ブルベの中でも青より赤系が得意な人は当然、結構いるはずです!

 

青は、イエベやブルベ関係なく、肌につけると血色が悪くなる色?

 

赤みのまったくない色(青だけじゃなく、黒やグレーも含む)は、
そもそもブルベイエベなんかは関係なしに、
こと「血色」と言うものとは、縁がない色

 
f:id:colorbluebase:20180602210249j:image

だから、血色を良く魅せることが目的のチークや唇には、ただの青がないことが多いです。


また、アイシャドウにブルーを多用すると、浮いたりしますよね。

 

ブルーベースの肌というのは、

 

決して青を使ってさえいれば、肌が綺麗に見える...ではなく

本来もつ、くすみのない白さや透明感が、黄に邪魔されず、青みによって引き立つ。


というメリットがあるのが、イエベと違うところだと思います。

 

失敗しない! ブルベの透明感を引き出しつつ、赤みを足すなら「ラベンダー」

 

「ブルベでも赤が似合う人がいる」
「必ずしも青ばかりでいいという訳では無い」

というのは、分かるけど、
赤やピンク、黄色は失敗するのが怖い... 

 

という人には、ラベンダーがおすすめ!!です。

 
f:id:colorbluebase:20180602210257j:image

紫って、青×赤で出来ているから、黄が入っていないのが基本の色ですし、

ブルベの青で透明感を出しつつ、赤で優しい血色を出せます。

 

 

アイシャドウやファッションにぜひ取り入れてみてくださいね~!

 

透明感重視のブルベファンデの記事はこちら

ブルベだけど、美肌じゃない。透明感もない。そんな貴方に試してほしいブルベ色のファンデーション。【人気で品切れだったピンク、再入荷!】 - “隠れブルーベース“ 黄肌で地黒な私の、メイク工夫術