読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーベースのためのメイクやファッション修行

ブルベさんのためのお役立ち情報やおすすめのメイクアイテムなどご紹介します。

おすすめのチェックポイントは頬と爪と唇!ブルべかイエベかを見極める。

 

 

こんにちは。

 

「イエローベース」と「ブルーベース」。

近年、ファッションや美容を専門に仕事されている方じゃなくても、幅広く認知されてきたのではないでしょうか?

 

黄みのある色で、健康的に明るいきらきらお肌を見せることができるイエローベースさん。

青みのある色で、肌に透明感と白さを出すことができるブルーベースさん。

 

今回は自分のベースカラーを間違えている可能性とその影響、また改めて自分でチェックできるポイントを紹介します。

 

間違えていたら逆効果!?あなたは本当にイエローベース??

 

 

筆者自信、数年間、自分をイエローベースだと勘違いしていたブルべでした…。

その時の記事はこちら▼

あなたはどっち??肌が黄色な私が、ブルーベースだった話。【その1 実はあなたも「隠れブルーベース」?】

 

上記にも書きましたが、ベースカラーは本当にお肌に、素敵な効果をもたらしてくれます。(経験済)

 

ベースカラーがあっているメイクや服を身に着けると…

  • お肌キラキラ
  • シミもしわも気にならない、見えなくなる
  • 肌に透明感が出る
  • 化粧の落ちかけも綺麗
  • 肌が白く見える
  • 健康的に明るく見える

 

でもこれらは、ベースカラーがあっている場合だけです!

 

自分のベースカラーを誤ると、±0どころか、むしろマイナスな恩恵ばかりを受けることに…。(もちろんこれも経験済(涙))

間違ったベースカラーのメイクや服を身に着けると...
  • ファンデーションやコンシーラーでどんなに隠してもシミが浮き出てくる
  • 皺が目立つ
  • 顔が青白く見える
  • 黄ぐすみする
  • 疲れて見える
  • 化粧が濃く見えすぎたり、薄く見えすぎたりする

 

私もずーっと自分の肌の悩みが尽きませんでした。

 

それもそのはず。ブルーベースなのに、イエローベースでメイクも服も揃えていたからです。

 

ベースカラーがあっていると、本来の肌の良いところがひきだされ、間違っていると肌の悪いところばかりが目立つようになるんですね…。

 

おすすめのチェックポイントは頬と爪と唇!

チェックは肌の色ではなく、血の色を見る。

 

そんなわけで、ベースカラーが間違っているということは、自分の肌の悪いところを全面的に主張して歩くようなものなので、貴方が筆者のようにならぬよう、(笑)

私が正解のベースカラーに辿りついたチェックポイントを教えますね。

 

よく、「肌の色が黄色だから私はイエローベース」「色白だからブルーベース」

なんて言葉を耳にしますが、色の白さはベースカラーに関係ないですし、肌が黄色なのは、黄色人種なので当たり前です。

 

ベースカラーとは血の色をもとに判断します。

というわけでチェックしやすいポイントは3つ。

  1. 頬の色
  2. 唇の色
  3. 爪の色

です。

 

※照明の色によって見え方が変わってしまうので、観察する際は、よく晴れた日の自然光の下で行ってください。

 

これら3点、よく観察してみてください。普段頬に赤みがないタイプだったら、お風呂とか運動した後とかお勧めですよ。

爪は、ぎゅっと2-3秒強くつまんで離すのがいいです。

 

ピンクはピンクでも、それはサーモンピンク?(イエベ)

それともローズピンク?(ブルべ)

それともトマトのような温かみのある赤(イエベ)でしょうか?

逆に青みが買った紫(ブルべ)だったりしませんか?

 

色の濃さや薄さは関係ないです。ただ黄よりなのか、青よりなのかを確認しましょう。

 

ネットや本にあふれている見本は、分かり易く色が極端なので、自分にピッタリの色を探すのは、同じように極端な色味の肌でない限り無理です。(本当に雪のようにまっしろとか)

 

人の血の色味なんて、千差万別です。

自分の目で、先入観を持たずに確認してみましょう。

 

 

 

ブルベ判別にももしかして役立つかも?ブルベさんのためのベースメイクにオススメなのはコチラ↓↓

personalcolor.hatenadiary.com


ブルベ色で揃えてるのに、なんだかまだ肌に透明感が足りない。ぱっとしない。という方にオススメのアイテムはコチラ↓↓

personalcolor.hatenadiary.com