“隠れブルーベース“な私の、メイク工夫術

黄肌、地黒、ふわふわ?ずっとイエベだと思っていたのに、実はブルベだった!「王道ブルベじゃないブルベさん」ためのお役立ち情報やおすすめのメイクアイテムなどご紹介します。

あなたはどっち??肌が黄色な私が、ブルーベースだった話。【その2 イエローベースを身に着けていた時代。尽きない肌悩み。】

 

こんにちは。

 

昨日は、簡単にブルーベースとイエローベースについて説明させていただきました。

personalcolor.hatenadiary.com

 

今回は、実際に当時私が抱えていた悩みと当時の化粧品やファッションについて、書かせていただきますね。

 

荒れている訳では無いのに、綺麗には見えない私の肌。


f:id:colorbluebase:20180131112617j:image

 

  • まぶたや目の下など、主にくぼんだ所の黄ぐすみが目立つ
  • 化粧すると汚く見える
  • だが、メイクを薄くすると途端に疲れて眠そうな顔になる
  • でも濃くすると明らかに舞台用ですか?という不自然な濃さになる。
  • 口紅は遠目で見る分にはいいかもしれないが、至近距離だとただただ汚い。かといってリップじゃ色もつかない。すぐ落ちる。
  • しみとまではいかないが、治りかけのニキビあとが長期間気になる。
  • 小さく書き出していくと、肌の悩みは正直もっとありました(涙)

 

当時は、透明感を売りにしたほぼすっぴんに近いメイクの女優さん、

化粧をどんなに濃くしてもよりお洒落に映えるモデルさん、

誰でもかれでも本当にうらやましかったです…。

 

でも、今は、自分の肌が好きになりました

 

上に書いた悩みを、すべてを解消するためにいつも「美肌!美白!」を目指していました。

 

でも、毎年どんなにスキンケアを頑張っても中々思った成果は出ず、あまり露出しないお腹の肌の色を見ては、「あれ、もしかして元々の肌が黒いんじゃ…?」とあきらめたり。

 

でも、いま思えば、肌悩みが尽きない当時は、ほとんど化粧品や服がイエローベースだったんですよね(苦笑)

 

当時使ってたチーク

コーラルピンクのチークをよく使っていました。

 

(私にとって、青みピンクのチークは、女の子らしい子が身につける可愛すぎる色味でした。)

 

当時使っていたコーラルチーク見本。

(全く同じ商品ではないけど、ジルのチークでオレンジピンク系を使っていました)

 

 

ちなみに今使っている青みチーク。


 

 

 

 

当時使ってたアイライン

こちらは、なんとか濃い茶系を使っていました。

(黒だと濃すぎる気がして...しかし薄めな茶は全く映えない自覚がありました。)

 

本当に分かりやすくダメだった当時の黄色ばりばりの薄茶アイライン。


 

 

買ってつけた瞬間、あれ、色ついてる...?って思うほどなんだか薄く感じて。でもそんなに薄いわけでもないんですよね。

 

どんなに重ね塗りをしても、まったく眼力が出ず、ほぼ出番なしのお蔵入りとなりました。笑

 

当時使ってたファンデーション

 

こちらも、明るさばかり気にしてしまいますが、ピンク系とオークル系がありますよね。

ブルベだとピンク系なのですが、

購入の際店員さんの判断でオークル系を勧められることが多かったので、オークル系を使っていました。

また、市販のピンク系でも、黄が強いのが多いです。

 

今おすすめの、ブルベさん用ピンクbbクリームの記事です。

personalcolor.hatenadiary.com

 

 当時のヘアカラー

イエロー系のアッシュかオレンジ系の色味のことがほとんどでしたね。

 

ただ、オレンジ系はある日写真に移った自分を見て、あまりのおてもやんっぷりに断念しました。 

高校生の時はプリクラばっかりで、プリクラだとあんまり色による変化と変わらないんですよね。笑

 

日光の元で撮った自分の写真を見るのは結構オススメです。 

 

当時のファッション


f:id:colorbluebase:20180201145736j:image

パステルのオレンジ、コーラルピンク、黄色。

ベーシックカラーは茶色、キャメル、アイボリー...。

 

頭から足の先まで見事にイエローベースです。

今書き出してみると、真っ青です。(汗)

そりゃ、いっそスッピンの方がまだ肌が綺麗に見えるような...?と思ってた時期もあったわけだ...。

 

なぜ昔の私は、イエローベースでオールコーデしてしまっていたんでしょう。

それは、

私が「イエローベースだと勘違いしていた」というのも要因が1つ。

 

そしてもう1つの大きな要因は、

いかんせん、ぽわぽわっとした雰囲気を持っている自覚がある私は、

同時に都会的な色、クールな色、女性的な色、を避けることが多く、

明るく元気なイメージのイエローベースが自分の雰囲気にも合うと思いこんでしまっていました

 

「色の持つ雰囲気」で身につける色を選んでしまう、私のような人、結構いるんじゃないでしょうか。

 

イエベを身につけているのに、肌の悩みが尽きないなら、もしかして、貴方も隠れブルーベースさんかも??

 

ブルーベースの人がイエローベースの色味を身につけると、

疲れてみえたり、皺やニキビが目立ったり、肌が黄色にくすんでみえたり、メイクが必要以上に濃く見えたり、もしくはしっかりメイクしてても眠そうに見えたり..。

 

とにかく、いいことなしです!!

 

 

長くなってしまいました。

次回はこんな私が、ブルーベースかも?と気づいた幾つかのポイントを紹介していきます!

 

 

 

ブルベ判別にももしかして役立つかも?ブルベさんのためのベースメイクにオススメなのはコチラ↓↓ 

blog.bluebase-search.com

 

ブルベ判別にももしかして役立つかも?ブルベ色のチーク&アイシャドウの記事はコチラ↓↓

blog.bluebase-search.com


ブルベ色で揃えてるのに、なんだかまだ肌に透明感が足りない。ぱっとしない。という方にオススメのアイテムはコチラ↓↓

personalcolor.hatenadiary.com